ハープ奏者の池田千鶴子さんによる人権トーク・ハープコンサートが行われた。生のハープの演奏はもちろん素晴らしかったが、人権について語るその飾りけのない語りも心に響いた。一時間半のコンサートはあっという間に時が経った様に思うが、池田さんは多くのことをわれわれに伝えてくれた。一部ではあるがそのひとつを紹介したい。
山あいの福祉施設で出会った少年少女たち。そこは六年がかりで廃材で造った山小屋で牛、豚も同居していた。親に捨てられ、社会で人をあやめた少年少女もいて、心と今を温めながら生活し合っていた。コンサートの依頼に、その施設に向かった池田さんを待ち受けていたのは豪雪。ハープを包むため、何枚もの毛布をリアカーに積み込み、茶髪の少年が出迎えた。やっとのことで車からハープをおろし、彼に導かれ会場に向かった。会場は本当に手づくりそのもの、なかには彼らの手ぬぐいも会場に華を添える幕の一部として縫い合わされていた。しかし、それが彼らの精一杯のおもてなしだった。その後、施設を出た少年は下町の工場で油まみれになって働いている。せめて弟にあったかい靴下を買ってあげたいと思ったが、消息すらつかめなかったという。「ありがとう」「おがげさまで」の普段何気なく使う言葉が日々忙しい少年を励ましてくれるという。
池田さんは「ハープを通して、人のいとおしさ、ふれあい、命の原点、輝きを伝えたい」と語りかけた。
 児童虐待、いじめによる自殺、殺人事件など心を痛める事件が後を絶たない。すべての問題の根幹で人権尊重の精神が失われていることにわれわれ大人は気付くべきだ。頭だけでなく心でそのことをキャッチしたい。また子どもたちにも感性のみずみずしいうちに、その心を養ってもらいたい。コンサートの最後はハープの伴奏で「ふるさと」を合唱し、温かな雰囲気とやさしさに会場全体が包まれた。